お買い物に便利なエコバッグあれこれ

TOP > エコバッグについて > お買い物に便利なエコバッグあれこれ

お買い物に便利なエコバッグあれこれ

エコバッグとは、食料品や生活用品のお買い物をするときに、店に置いてあるビニール袋の代わりに買った商品を入れて持つ、主に布やビニール製のサブのバッグのことです。
100円ショップなどで安く買い求めることができます。
食料品などの買い物に行く際に、ハンドバッグなどのいつものバッグの中に入れて携帯し、お会計を済ませてからエコバッグの中に買った商品を入れて持ち帰ります。
エコバッグは100円ショップの他にも、雑貨店や生活用品店やデパートなどでも買い求めることができます。
エコバッグは、ハンドバッグの中に入れて携帯しやすい、折り畳み式のものが便利です。
エコバッグは買い物の他にも、旅行などで荷物が多くなってしまったときに荷物を入れて使うことができるので、旅行の際にも便利です。


エコバッグを持つ際の注意点としては、汚れや穴があるかどうかです。
肉や魚などの汁の出やすい食料品を中に入れて家まで持って帰ることも往々にしてあるので、汚れや穴があったら定期的に買い替えることが必要です。
もし、お気に入りのエコバッグを買い、汚したくない、長く使いたいと思うのなら、肉や魚、野菜などの商品は店に備え付けてある透明のビニール袋の中にいったん入れてからエコバッグの中に入れるか、店からもらえるビニール袋の中に入れるなどの工夫をしましょう。
ちなみに、食料品店やスーパーでは、ビニール袋が有料の店が増えてきています。
理由はコストと、環境問題のためです。
店側はお客さんのために無料でビニール袋を用意しようとすると、莫大なコストがかかります。
また、川や海に自然に帰らないスーパーのビニール袋がぷかぷか浮いてしまい、それを飲み込んだイルカやクジラなどが死ぬという悲惨な事件も多発しています。


どこのスーパーでもビニール袋が有料になり、エコバッグを推奨している背景にはそういった問題もはらんでいるわけです。
例えば、バーベキューなどで海や山へスーパーのビニール袋を持っていき、置き忘れてしまうとそれだけで環境問題につながりますし、燃やすとダイオキシンが発生します。
どこのスーパーでもビニール袋が有料になっている店が多くなってきている背景には、そういった問題も含まれています。
同じ理由でレストランなどで使い捨てのストローを廃止する店舗も増えてきています。
レストランがストローを廃止する背景にはゴミ問題もはらんでいます。
エコバッグが推奨されるのは主にコストと環境問題のためです。
手入れを怠らなければ繰り返し使うことのできるエコバッグは、どんな食料品店でも重宝がられています。