トップ / 金融の存在意義について

聞き慣れた言葉金融は

銀行へお金を預金しにいったり引き出したりするときに自然とでる金融という言葉、どんな意味があるのか考えたことのある人はあまりいないでしょう。お金が余っているところからお金を集めて、お金が足りないところに融通するという長い文章を短くした言葉なのです。この言葉なら銀行や消費者金融で一般的に使われるのも納得がいきます。本来もっと深い意味があり、お金を集めて運用し、お金を増やすような行為、 お金によってお金を得る行為全般を指して使われるのです。証券会社や生命保険会社もこの言葉に当てはまるのも理解できます。

消費者金融とはどんな意味

以前はサラ金と呼ばれていた貸金業社も今では消費者金融と呼ばれるようになり、消費者の信用を担保として消費者に直接融資を行うサービスなのです。名前イコールイメージは人の頭の片隅に残るもので、言葉一つ違うだけで受け取り方も全然変わってきます。意味を理解すると消費者金融は借りる本人にとって手が届く所にある貸金業社でいざという時に助かるのです。また、お金を借りるにも突発的に発生した出費以外にも流行商品を購入する為にちょっと手軽に借りたいと思ったときに借りられたりもするのです。現代の生活ニーズに合わせた意味が隠れているのです。