トップ / 手形を現金化する方法

手形割引をする際に必要なもの

手形割引という言葉を聞いた事がありますか。期限を迎える前の約束手形を期日が到達する前に、それまでの期間を割り引いて換金する事を言います。手形割引の手続きをする場合に必要なものは、法人と個人で違います。法人の場合は、印鑑証明や登記簿謄本などが必要です。法人の認め印や社印などが必要な場合もあります。個人の場合は、印鑑証明と身分証明、運転免許証やパスポートが必要になります。必要な書類をきちんと揃えて、交換手続きをスムーズにしましょう。

手形割引についての専門知識がなくても大丈夫です。
専門の会社へ相談することができます。公式なサイトでは、よくある問い合わせなども公開されていて参考になりますよ。