トップ

金融でのネクタイ着用

経済活動の中では、資金の不足している主体と資金が余剰している主体が存在し、金融とはその両者を繋ぎ、資金の余っているところから資金の必要としているところへ配分することです。日本では銀行、証券を始めとしてその他保険会社、投資銀行、リース会社、信販会社、貸金業者などがあります。総じて誠実という印象があり服装は保守的な装いが求められます。従って金融業界の服装は通常スーツにネクタイ着用が求めら、色彩も誠実さが必要です。色は人の心を動かすものですから真面目さが印象付けられることが選択されます。その代表的な色は知的・誠実・真面目を表す青色です。また穏やかや協調性を示す緑色も安心感を醸し出すネクタイの色です。

金融業界でのネクタイを選ぶ

服装は、仕事をする業界により変え必要があるものです。相手に与える印象は、服装により大きく異なるものなのです。金融業界で仕事をすることになったならば、信頼できるような印象を与える服装が良いでしょう。男性の服のおしゃれは選ぶポイントが少なく感じている人もいるでしょう。しかし、その選ぶスーツの色やデザイン。そして、ネクタイによってもイメージが大きく異なるのです。金融業界で仕事をしようと思ったならば、落ち着いた柄のネクタイが良いかもしれません。派手なデザインや色遣いのものは、おしゃれには見えますが、落ち着きがなく見られてしまうこともあるものなのです。